ネット炎上対策のブログ(何故、あの人はネット炎上させる書き込みをしたのか?)

ネット上に悪評レビューや会社の悪口等を何故書き込んだのか?実際にアンケートをとって回答して頂いた内容です。企業向けネット炎上対策にぜひ役立ててください。

それは大切な「意見」

ネットで購入した商品が、1ヶ月も経たない内に突然壊れた事がありました。

特に乱暴な扱いをしたわけではないのに突然です。

 

商品自体は気に入って毎日使っていたので壊れた事に衝撃を受け「この商品は、1ヶ月も経たない内に壊れました。

乱暴な扱いをしなくても突然壊れるかも知れません」と書き込もうかと思いました。

 

しかし、特売品で、半額以下のセール品だった事を考えれば値段相応だったのかも知れないと思い、書き込まずに終わりました。   

 

私自身は会社について書き込んだりしたことはありませんが、過去に職場が「超過勤務に対して正当な報酬が支払われていない」と書き込まれた事があり、

労働基準局の監査が入ったことがありました。

 

また、研修に来ていた学生さんが「あそこの会社は社員が横柄で、質問出来ない」「あんな環境で働きたくない」などとSNSに書き込み、

それが研修に来ていた学校とは違う学校の学生にも拡散され、その翌年の新入社員が激減した事がありました。 

 

自分の考える対価と、実際に得たものの価値に落差があった為だと思います。

 

自分の支払った代金分の品物を得られなかった思いや、働いた分だけ当然貰えると思っていた報酬が得られなかった事。

研修に来て、丁寧に教えて貰える環境でなかったり、説明を得られなかったという思いが不満に繋がったのではないでしょうか。

 

また、直接関係者に言えなかったり、理不尽に感じてもその場では解決しなかった思いを、愚痴のような形で書き込む事が多いと思います。     

 

まずは、相手の意見を良く聞く事だと思います。

 

どんなに理不尽な内容だったとしても、相手を不快にさせた事は事実です。

その事について真摯に受け止め、謝罪する気持ちが大切だと思います。

 

また、話をしやすい環境作りに配慮する事も重要です。

何故なら、ネット上に上がる不満を、上げられる前に解決する事が出来るかも知れないからです。

不満があった時に直接言えなかった意見がネットに拡散されるのだとすれば、その場で解決出来ていれば悪い評価には繋がらないかも知れません。

 

人は、時間が経てば経つほど不満が溜まっていくものです。

言いたい事を我慢せず言い合えて、文句を言っても頭ごなしに否定されない環境が作れれば、悪い評価にはならないのではないでしょうか。   

 

何度も炎上してしまう会社があって、それを本気でどうにかしたいと思っていたら、まずは深呼吸して、相手方の意見を一旦全て飲み込んでみて欲しいと思います。

どんなに荒唐無稽な話に聞こえても、それは大切な「意見」です。

 

人の意見を拒否する会社に未来はありません。

無視する限り、進展もありません。

 

きっと、炎上してしまって不利益を被っているのでしょう。

 

そんな意見に耳を貸す余裕は無いのかも知れません。

でも、耳を貸さなかった意見の中にこそ、解決法が隠されていると私は思います

 

 

ネット炎上対策の無料相談はこちらです。

https://netenjyoutaisaku.com/